メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > デリケートゾーンのお手入れ方法

デリケートゾーンのお手入れ方法

デリケートゾーンのお手入れ方法

デリケートゾーンはどのようにお手入れすればいいか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。人に相談してみたくてもデリケートな部分だからこそ、なかなか聞きにくいものですよね。

間違ったお手入れをしていると、ニオイがちゃんととれなかったり、病気の原因になってしまうこともあります。そこでデリケートゾーンのお手入れ方法について、いろいろ紹介していきます。

デリケートゾーンの悩みの多くはニオイ!

デリケートゾーンに纏わる悩みはいろいろありますが、特に多いのがニオイについての悩みです。毎日キレイに洗っているつもりでも、なぜかニオイがちゃんととれないという人は、もしかしてお手入れ方法が間違えているかもしれませんね。

デリケートゾーンのニオイの主な原因は雑菌の繁殖です。膣内には雑菌を排除してくれる乳酸菌が常在していますが、膣内に雑菌が入りやすい環境だとニオイがひどくなることがあります。

デリケートゾーンは尿や汗、経血などの汚れもつきやすく、また湿度も高いので、雑菌が繁殖しやすい環境がそろっています。肛門も近いので腸内球菌や大腸菌などの雑菌がつきやすいのも、ニオイの原因となります。

排泄後にきちんと汚れがとれていないのも、原因の一つです。特にアンダーヘアにはトイレットペーパーや排泄の汚れがついたままになっていることが多いので、排泄後の処理はしっかりと行わなくてはなりません。

デリケートゾーンにはアポクリン汗腺があるといわれており、ここからの発汗と雑菌が混ざり合うことで、ニオイの元になっているともいわれています。アポクリン汗腺はワキガの原因ともされており、これが多くデリケートゾーンにあると人よりニオイを発してしまうこともあるようです。

他にも摂取している食事内容によって、デリケートゾーンのニオイは変化することもあります。偏った食生活や不規則な生活をしていると、ニオイの原因になってしまうようですね。

アンダーヘアを整える

デリケートゾーンのお手入れといえば、真っ先にアンダーヘアのお手入れを考える人も多いことでしょう。アンダーヘアを整えることでニオイが原因となる蒸れが解消され、ニオイの悩みを解決できることもあります。風通しが良くなると蒸れにくくなるので、雑菌が繁殖しにくくなりニオイも軽減されるようです。

またアンダーヘアが伸びっぱなしになっていると、経血や尿、おりものなどがヘアにつきやすく、ニオイの元となる雑菌を繁殖させてしまいやすいので、アンダーヘアのお手入れはこまめに行うようにしましょう。

アンダーヘアのお手入れとしては、毛量を減らすかカットするといった方法があります。アンダーヘアの毛量を減らすには脱毛がおススメです。VIOラインを脱毛してくれる専門のサロンなどに行くと、キレイに脱毛することが可能です。

脱毛する際に気をつけたいのが、自分でお手入れをすることです。自分で処理する場合、カミソリや毛抜きなどを使って処理する人が多いですが、毛穴が傷つくと細菌が入り込み毛嚢炎を引き起こしてしまうこともあります。

自分で処理する場合は、ハサミで短くカットする程度に抑えておいたほうが良いでしょう。アンダーヘアが短くなると通気がよくなりますので、蒸れを解消してくれます。

デリケートゾーン用の石鹸を使う

デリケートゾーンのニオイを解消するには、入浴したときにしっかりデリケートゾーンを洗うことが大切です。ニオイの元をキレイにしたいと思って、膣内まで石鹸を使いゴシゴシ洗っている人もいるのではないでしょうか。

普通の石鹸やボディソープはデリケートゾーンには刺激が強すぎるため、できればデリケートゾーン専用の石鹸を利用し、洗ってあげるのが良いでしょう。デリケートゾーン専用の石鹸は低刺激になっていますので、デリケートゾーンに悪影響を与えません。デリケートゾーン用の石鹸を使う場合、しっかり泡立てて使用することが大切です。

デリケートゾーンは手や指先を使って洗う

デリケートゾーンを洗う場合、ボディタオルやボディスポンジを使用して洗うのではなく、手や指先を使って優しく洗ってあげるようにしましょう。デリケートゾーンは刺激に弱いので、思いっきりゴシゴシ洗うのはNGです。

外陰部までは石鹸を利用して洗っても良いですが、膣内は石鹸を使用してはいけません。膣内まで石鹸で洗ってしまうと、細菌から守ってくれる常在菌まで洗い流してしまうため、病気を引き起こしてしまうことが考えられます。

膣内は指先を使い、爪を立てないようにして、ぬるま湯で優しく洗ってあげるだけで問題ありません。外陰部は汚れがたまりやすいので、指の腹を使ってしっかり汚れを洗い流すようにしましょう。

デリケートゾーンがかさつく場合は保湿が必要

デリケートゾーンが乾燥していると、かゆくなってしまうこともありますよね。かゆみや乾燥が気になる場合は、デリケートゾーンのお手入れとして保湿ケアをしてあげましょう。

保湿をする場合、顔や手だとたっぷりつけたほうがいいように思えますが、デリケートゾーンの場合は過剰な保湿をすると蒸れてしまい、湿気の元になってしまうことも考えられます。

デリケートゾーンが常に湿っている状態だと雑菌が繁殖しやすくなり、カンジダ膣炎などの病気を引き起こしてしまうことがあります。
デリケートゾーンを保湿するのなら、専用の保湿ケア商品などを利用するようにすると良いでしょう。

まとめ

デリケートゾーンは正しいお手入れをしてあげないと、ニオイや黒ずみ、かぶれなどの原因になってしまいます。なるべくデリケートゾーン専用のケア商品を使って、お手入れしてあげるようにしましょう。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット