メニュー

HOME > お悩み別コラム > 細菌性膣炎 > 細菌性膣炎を治す方法

細菌性膣炎を治す方法

デリケートゾーンに異変が起きた場合、自分で何とか解決したいと思う人も多いことでしょう。

病院に行って医師にデリケートゾーンを見られるのは、とても恥ずかしいと感じるもの。彼氏や友だち、家族にすら相談することができず、一人で悩んでいる人も少なくありません。かといってそのまま放置しておくと、さらに悪化してしまうこともあります。

細菌性膣炎になった場合、みなさんどのようなことで悩まされているか、またどのようにすれば治すことができるのか紹介していきます。

悩みその1 おりものに悩まされる

細菌性膣炎になるとおりものの量が普段より増えるので、それについて悩んでいる人も多いようです。

おりものシートでは間に合わないほどおりものが出てしまい、毎日のようにナプキンを使用していた人もいます。ひどい場合だとナプキンでもカバーしきれなくて、いつ漏れてしまうか毎日気が気でなかったようです。

細菌性膣炎はおりものの量だけでなく、生理中でもないのに悪臭を放ちます。魚臭帯下といわれる魚介類が腐ったような臭いがするので、まわりにバレないか常に気を遣わなくてはなりません。

スカートをはくと臭いが周りに充満するのではないかと考え、パンツスタイルしかできないといった悩みもあるようです。

悩みその2 彼氏にバレたくない

細菌性膣炎になっていることを、絶対に彼氏にはバレたくないと考える人は多くいます。膣の病気だと彼氏に話をしても、性行為による感染症だと勘違いされてしまいそうで、怖くて言えない人も多いのではないでしょうか。

おりものの臭いが強烈だったり量も多いことから、彼氏から求められても適当な理由をつけて拒んでしまうこともあるでしょう。

また細菌性膣炎は、性行為によってさらに悪化してしまうこともあります。いったん細菌性膣炎が治っても、彼氏との性行為の後に再発してしまう人も多く、性行為そのものに恐怖感を抱いてしまう人もいるようです。

自己判断は症状を悪化させることも

細菌性膣炎は自覚症状の少ない人も多いため、病気になっていることさえ気づかない人もいます。

細菌性膣炎は女性特有の病気で、膣内の細菌バランスが崩れることで発症します。膣内の細菌バランス異常が原因なので、発症したことすら気づかないまま、自然治癒してしまう人も中にはいます。

しかし、おりものの色が普段と違ったり、おりものから悪臭がすることで細菌性膣炎になっていることに気付く人もいるでしょう。

他にも外陰部にかゆみを感じたり、膣周辺に痛みを感じて気付くこともありますので、これらの症状が出た場合は自己判断せず、すぐに病院に行って検査を受けるようにしましょう。

いったん完治しても、再発しやすいのが細菌性膣炎の特徴です。市販の薬で治そうと思う人もいますが、病気が本当に細菌性膣炎かどうかは判断できません。

ちゃんとした検査を受けずに自己判断して治療を始めた場合、間違えた薬を投与してしまうこともありますので、必ず最初は病院で診断してもらうようにしましょう。

一度病院で診断してもらい完治した後は、市販の薬などを利用し予防することも可能です。市販の薬を投与していても改善が見られない場合は、再度病院に行き診断してもらいましょう。

症状が改善しなかったり再発を何度も繰り返していると、細菌性膣炎が悪化し、卵管炎や子宮内膜炎などの感染症を引き起こすこともありますので注意が必要です。

細菌性膣炎はどのように治すの?

もしかして細菌性膣炎かな?と思ったときは、病院に行くのが一番です。病院では膣内に挿入する抗菌剤や抗生剤などを処方してくれますので、それを6日間使用してみて、もう一度検査をしてみた結果、完治していれば治療は終わります。

しかし細菌性膣炎は、同じような環境をまた作ってしまうとすぐに再発することも多いので、その場合は市販の薬などを利用することも可能です。

最近では細菌性膣炎やカンジダ膣炎対策用の優秀な商品も多く販売していますので、そうした商品を使用してみるのも良いでしょう。

特にギノフィットの細菌性膣炎対策ジェルは自宅で手軽に使用することができるので、何度も再発を繰り返して病院に行くのが憂鬱になっている人におすすめです。

おりものの臭いがきつくなってきたときや、量が増えてきたなと感じたとき、ギノフィット細菌性膣炎対策ジェルを6日間から12日間使用すると、症状を抑えることが可能です。

ギノフィット細菌性膣炎対策ジェルは細菌性膣炎の予防ケア用品としても利用できますので、普段から細菌性膣炎に悩まされている人におすすめの商品です。

まとめ

一度発症してしまうと簡単に治すことが難しい細菌性膣炎。絶対に完治させたいと思うなら、病院での適切な指示を受けるとともに、生活環境や生活習慣などを見直す必要もあります。
それと同時にギノフィット細菌性膣炎対策ジェルのようなケア用品で、予防対策をすることも必要です。

膣内は常に酸性を保っていることで、外界からの細菌の侵入をブロックします。ギノフィット細菌性膣炎対策ジェルは膣内を正常な酸性に整えてくれるので、細菌性膣炎に効果を発揮します。

ギノフィットでは女性特有の病気向けアイテムがいろいろありますので、自分の症状に合わせて選ぶことも可能です。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット