メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > デリケートゾーンは専用石鹸で洗うのが常識!

デリケートゾーンは専用石鹸で洗うのが常識!

デリケートゾーンは専用石鹸で洗うのが常識!

みなさんデリケートゾーンはどのように洗っていますか?体を洗う石鹸やボディソープを使って、同じように洗っている人は多いことでしょう。しかし石鹸を使ってキレイに洗っているのに、なぜかデリケートゾーンの悩みを解消できない人も少なくありません。実はデリケートゾーンは、なるべく専用の石鹸を使って洗ったほうが良いのです。そこでデリケートゾーンはどのようにして洗うほうが良いか、見ていきましょう。

普通の石鹸がデリケートゾーンに与える影響

市販されている石鹸やボディソープには、いろいろな種類があります。潤いを満たすもの、美白や美肌、脂性肌を解消するものなど、さまざまなタイプの石鹸やボディソープが販売されています。

体を洗う分には問題ありませんが、デリケートゾーンは腕や脚など他の体の部位より酸性度が高いので、市販されている石鹸ではトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

一般的な石鹸は洗浄力を高めるため、脂とアルカリ成分を配合しています。アルカリ性の石鹸は汚れや皮脂を落としてくれる作用がありますが、もともと酸性度の高いデリケートゾーンにアルカリ性の石鹸を使用すると、デリケートゾーンのpH値が崩れてしまい、乾燥やかゆみ、ニオイなどのトラブルを引き起こしやすくなります。

特に膣内はpH値が高く、水で洗ってもバランスを崩してしまうことがありますので、洗浄力の高い石鹸で膣内を洗うと、正常な環境を壊してしまうことになります。

デリケートゾーンの洗い過ぎに要注意

デリケートゾーンを少しでも清潔に保つために、入浴したときにゴシゴシ洗ったり、トイレに行ったときウォッシュレットのビデを利用している人も多いと思われます。
デリケートゾーンが不潔なままだと病気になったり、ニオイの原因になってしまうこともありますが、洗いすぎることで逆にニオイやかゆみを引き起こしていることもあります。

ナイロンやポリエステル素材のタオルやスポンジでデリケートゾーンを洗いすぎると、体に必要な常在菌まで一緒に洗い流してしまい、皮膚を傷めることになります。その結果、デリケートゾーンが乾燥し、細菌が入りやすくなったり炎症を起こすこともあります。
また、膣内を洗浄しすぎるとpHバランスが崩れ、酸性に保たれていた膣内に雑菌が入りやすくなり、ニオイやかゆみの原因になることも。

膣内や尿道には自浄作用がありますので、基本的には入浴した際に手指で優しく洗ってあげるだけで大丈夫です。生理中でニオイが気になるという人は、デリケートゾーン専用の拭き取りシートなどを使用することで悩みを解消できます。

デリケートゾーンのトラブルを回避したいなら専用の石鹸を使おう

キレイにしているつもりなのにデリケートゾーンのトラブルを解消できないという人は、デリケートゾーン専用の石鹸を使ってみるのがおススメです。

デリケートゾーン専用石鹸は膣内のpH値を崩さないよう、膣内と同じぐらいの数値でpH値を押さえた弱酸性に作られています。弱酸性として販売されている石鹸やボディソープもありますが、デリケートゾーンではなく体のpHに合わせて作られているので、デリケートゾーンには向いていないといえるでしょう。

しかし、デリケートゾーンについた尿や経血の汚れなどはタンパク質なので、お湯や水ではしっかりと汚れを落とすことができません。かといってアルカリ性の石鹸を使うと刺激が強すぎて、粘膜が傷つきやすいデリケートゾーンの皮脂膜を傷つけたり、必要な常在菌まで洗い流してしまうことになります。

デリケートゾーンの常在菌を崩さないよう汚れを落としたいなら、デリケートゾーン専用石鹸を使ったほうが良いでしょう。

デリケートゾーンにも美容が必要

海外ではデリケートゾーンは専用石鹸で洗うことが日常となっていますが、日本ではそこまで普及していないのも現状です。

欧米はデリケートゾーンを専用に販売するコーナーが設けられていることから、いかに専用石鹸が普及しているかが分かるかと思います。

最近では日本でもデリケートゾーンのケアに対する知識も深まり、テレビコマーシャルや広告なども流され認知されるようになりました。しかし、いまだにケアをしていない人も少なくありません。

顔や体の美容と同じように、デリケートゾーンに対する美意識を持つことが大切です。デリケートゾーンをケアしないと、摩擦や刺激から年々黒ずんでいき、女性としての自信も失ってしまいます。
専用石鹸を使ったり保湿をするなど、デリケートゾーンに対するケアを積極的に行うことが大事です。

専用石鹸を使うことで解決できるデリケートゾーンの悩み

膣内の環境が乱れていると悪玉菌が繁殖し、ニオイの原因になることもあります。デリケートゾーン専用石鹸は弱酸性のため、pH値が乱れた膣内を正常に戻してくれることが期待できます。

刺激や摩擦によるメラニンの分泌で、黒ずんでしまったデリケートゾーンを解消できることも期待できます。石鹸だけでなくデリケートゾーン専用の美白クリームを使用すると、さらに効果が期待できるでしょう。

また、保湿成分が含まれているデリケートゾーン専用石鹸も多いので、保湿効果も期待できます。

まとめ

市販の石鹸やボディソープを利用していると、デリケートゾーンにトラブルを起こすこともありますので、ギノフィットで販売されているデリケートゾーン専用の対策商品を使用してみることも考えてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット