メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > デリケートゾーンにもニキビはできる!?

デリケートゾーンにもニキビはできる!?

デリケートゾーンにもニキビはできる!?

デリケートゾーンの悩みは、なかなか人には相談しにくいものも多いですよね。見たこともないおできやブツブツができていると、ビックリしてしまうものです。実はデリケートゾーンも、顔と同じようにニキビや角栓もできるのです。これが定期的になってしまうと、大きな悩みの種になってしまいますよね。どうすればデリケートゾーンのニキビは予防できるのか、また、できてしまったニキビはどのように対処するのが良いか、紹介していきます。

デリケートゾーンにニキビができる原因

デリケートゾーンであっても、顔と同様にニキビや吹き出物といったものはできます。デリケートゾーンの場合はどうしても不衛生になったり蒸れやすくなる場所なので、雑菌が繁殖し易いのです。

まず、ニキビは毛穴の中に傷ができてしまった場合、そこから皮膚にいる常在菌が感染することで起こるのです。軽いものであれば、清潔にしておくことで自然治癒するのですが、膿が溜まってきたり重度になってしまうと、切開することが必要になるのです。

ただデリケートゾーンの場合は、顔にできるニキビと同じではあるのですが、その原因が異なります。常在菌による感染症という点では同じですが、下着の締め付けやストレス、また、カミソリ負けや生理用ナプキン等の刺激が原因となって起こることがあるのです。

顔とデリケートゾーンではその環境が大きく異なっているのです。ですから、症状が同じであってもその原因は大きく違ってくるのです。

デリケートゾーンにできたニキビの治療

基本的にはデリケートゾーンのニキビは自然治癒するのですが、気になってニキビを自分で潰すという人がいます。ですが、できれば自分で潰さずに、病院で切開してもらうほうが良いでしょう。

お風呂やお風呂を出た後は皮膚が柔らかくなっているので潰しやすいのですが、自分で潰す場合、雑菌が侵入しやすい状況を作ってしまうことがあるからです。

雑菌が侵入しやすくなると、ニキビが悪化したり、そのときは治っても再発しやすくなり、何度もニキビを繰り返してしまうことがあるからなのです。

単にニキビというだけでなく、場合によっては毛嚢炎など細菌感染を起こしている可能性もあります。ですから無理に潰すのは止めたほうがよいでしょう。

無理に潰してしまうとさらに炎症を起こしてしまい、治療が必要になってしまうことがあるのです。単なるニキビのはずが、無理に潰して治療が必要になってしまっては元も子もありません。

ニキビではない可能性もある

ニキビと似たような症状で、尖圭コンジローマや性器ヘルペスといった病気もあります。尖圭コンジローマはニキビのような発赤ができるもので、痛みやかゆみといった症状はありません。性器ヘルペスもニキビのようなできものができます。

尖圭コンジローマは、軟膏による治療や外科手術による切除となります。また、性器ヘルペスの場合は抗ウイルス薬の内服や、軟膏による治療が必要になります。

この両方とも性感染症に位置付けられているので、感染の恐れもあるのです。こういった場合も考え、自然治癒しない場合は、早めにきちんと婦人科等で診てもらったほうがよいでしょう。

特に性器ヘルペスの場合、ウイルスを除去することは現時点ではできないようです。そのため再発を抑制するには、抗ウイルス薬を服用しなければなりません。

デリケートゾーンのニキビの予防をするには

まずは、デリケートゾーンを蒸れないようにする必要があります。そのためにも通気性がよく、あまり締め付けのきつくない下着を着用するのがよいでしょう。

また、汗や汚れはまめにふき取っておいたほうが良さそうです。お風呂やシャワーが可能な場合は、デリケートゾーンをきちんと洗って清潔にしておくことも大切です。

この場合は一般的な体を洗う石鹸でなく、デリケートゾーン専用の石鹸を使用します。デリケートゾーンは弱酸性の状態をキープしていれば、自浄作用が強く働きます。その自浄作用を最大限に発揮させるには、専用の石鹸を使用するのが良いのです。

デリケートゾーンの洗いすぎも禁物です。デリケートゾーンの自浄作用は、善玉の常在菌によるものです。ですが、洗いすぎるとその善玉の常在菌まで洗い流してしまうので、優しく洗いましょう。

他にも皮脂の分泌を抑えることも効果的です。ですから、食生活の改善も考える必要があります。まず、脂肪分の多いものや、甘いものは控えたほうがよいでしょう。また、ビタミンCを多く含むものや、野菜をよく食べるようにするのがよいのです。

これは顔など他の部分にできるニキビも同様です。基本的には血液がサラサラになるような食事を心がければよいのです。ニキビの予防だけでなく、さまざまな病気の予防にもつながるのです。

まとめ

デリケートゾーンのニキビは顔にできるものと大きな違いはありません。基本的には自然治癒しますが、気になる場合は自分で潰すと悪化したりすることもあるので、きちんと病院で処置してもらいましょう。

デリケートゾーンのニキビの予防には、デリケートゾーンを清潔に保つことと食生活の改善が大切です。デリケートゾーンを清潔に保つには、市販のギノフィット拭き取りシートなどが便利です。

汗をかいたり汚れてしまったときにさっとひと拭きで清潔を保つことができます。ローション付きのものもあります。

食生活の改善については、基本的には栄養バランスの良い食事ということになります。脂肪を抑え、野菜をしっかりと摂ることが大切です。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット