メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > カンジダ膣炎の症状とにおい

カンジダ膣炎の症状とにおい

カンジダ膣炎の症状とにおい

女性特有の病気にはいろいろなものがあるのですが、中でも多いのがカンジダ膣炎です。近年テレビCM等でも良く聞くようになった病名ですが、デリケートゾーンのトラブルということもありなかなか聞けないといったこともありますよね。そのカンジダ膣炎はどんな病気なのでしょうか?

カンジダ膣炎になるとどんな症状がでる?

デリケートゾーンのトラブルで多いのが、かゆみやおりものの量が増えたり、おりもののにおいがいつもと違うということではないでしょうか。こういった症状がある場合、何らかのトラブルが起こっていると考えられます。

デリケートゾーンのトラブルで多いのが、カンジダ膣炎なのですが、その症状としては、かゆみはもちろん、おりものの変化もそうなのです。とくにおりものの変化としては、乳白色で粘性のあるものとなります。ヨーグルトとか弼を想像してもらえればわかると思います。こういったおりものになっていると、カンジダ膣炎の疑いがかなり強くなります。更に悪化すると、ヨーグルトを通り越してカッテージチーズのような状態になります。

また、においに関してですが、カンジダ膣炎の場合は基本的には無臭です。ですから、においで気が付くというケースはあまりありません。逆に、通常時の少し酸っぱいようなおりもののにおいが無臭になっているということがあります。また、症状が酷くなってくると酸っぱいにおいがより強いにおいになることもあるようです。

どうしてカンジダ膣炎になるのか?

カンジダ膣炎になるのは、膣内にカンジダ菌が増殖してしまうからです。カンジダ菌そのものはカビの一種なのですが、膣内に常在している菌で普段は悪さをしません。ですが、そのカンジダ菌が増殖してしまうことで、様々な症状を引き起こしてしまうのです。

膣内には様々な菌が存在していて、それぞれが善玉菌、悪玉菌に分かれます。これは腸内と同じです。腸内環境を整えるということがよく言われますが、膣内もそれと同じなのです。

本来、膣内は善玉菌である、デーデルライン桿菌と呼ばれる乳酸菌の一種によって弱酸性に保たれているのですが、何らかの理由で免疫力が低下していると、このデーデルライン桿菌の活動が弱り、本来の自浄作用を発揮できなくなります。すると様々な悪玉菌が増殖してしまい、いろいろな症状が現れてくるのです。その増殖した菌がカンジダ菌である場合、カンジダ膣炎ということになるのです。

カンジダ膣炎を治すには

まず、カンジダ膣炎は自然治癒も可能です。但し、これは症状が軽い場合のみで、症状が酷くなってくると自然には治らなくなってしまうので、きちんとした治療が必要になります。

ギノフィットには、細菌性膣炎対策ジェルといった膣内に挿入するジェルタイプの薬がありますから、こういった市販薬を購入し、自分で治すことも可能です。一回で終わるわけではなく、就寝前に1日1回、1週間ほど継続する必要があります。但し、いきなり薬を使用するのではなく、ギノフィットのウォッシュローション等を使用して、膣内を洗浄してからのほうが効果的となります。この洗浄は最初の1回だけで十分です。

市販薬で治すことはできますが、症状が強く、早く治したいという場合には、病院できちんと診てもらい、症状に合わせた薬を処方してもらうのがよいでしょう。早期治療に有効な膣内洗浄は、産婦人科で行ってもらうこともできます。

再発もしやすいカンジダ膣炎

女性の場合、誰にでもカンジダ膣炎のリスクがあるのですが、同様に治療をして治ってもその再発のリスクは残っています。カンジダ菌に感染したことで発症する病気ではないため、カンジダ膣炎になったその理由が改善されなければ、再度発症するリスクは高いということになるのです。実際に何度も再発を繰り返している女性もいるのです。

ですから、治療が終わった後は、再発防止に努める必要があるのです。膣内の自浄作用が低下や免疫力が低下することによって発症のリスクが高まるので、膣内の環境を正常に保つことと体調管理をしっかりとすることが予防につながります。

体調管理に関しては、規則正しい生活を送ることに限ります。栄養バランスのよい食事をとり、きちんと睡眠をとって疲れを残さないというのが大切です。これは、他の病気の予防にもつながりますよね。

また、膣内の自浄作用は、膣内の善玉菌であるデーデルライン桿菌と呼ばれる乳酸菌の一種によるものですから、膣内をきれいにしすぎることは、この乳酸菌も減らしてしまうので注意が必要です。デリケートゾーンを清潔にしておくことは大切なのですが、きれいにしすぎるのは逆効果となってしまうのです。

まとめ

カンジダ膣炎は基本的に「におい」がないため、においでは気が付かないということがよく起こります。できれば、ギノフィットの市販薬を使用して早めに治したほうが安心です。

カンジダ膣炎にかかると様々なトラブルが起こりやすくなります。悪化してしまうと、妊娠や出産にも影響が出てしまうため、早期発見・早期治療も大切ですし、その予防も大切になるのです。

日頃から不規則な生活をしているのでしたら、これを機会に規則正しい生活に直してみてはどうでしょうか。カンジダ膣炎のリスクもぐんと下がると思います。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット