メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > カンジダ菌の潜伏期間は?

カンジダ菌の潜伏期間は?

カンジダ菌の潜伏期間は?

膣内にカンジダ菌が増殖するとかゆみやおりものの変化を伴うカンジダ膣炎を発症してしまうことがあります。膣炎には様々な要因があるのですが、カンジダ菌が原因となっているものがカンジダ膣炎となります。原因がカンジダ菌ですから、その菌に感染して発症するまでにどのくらいの潜伏期間があるのか気になりますよね。

カンジダ菌は常在菌

性感染症であれば、感染から数週間の潜伏期間を経て発症することになります。ではカンジダ菌はどうでしょうか。一般的には2日から1週間で発症すると言われているのですが、少し考えてみてください。カンジダ菌は常在菌で膣内や皮膚、また口腔内、腸内といったいたるところに存在しています。ですから、膣内にカンジダ菌が入ってからの潜伏期間と考えると、少しおかしなことになってしまいますよね。

カンジダの場合、潜伏期間というのは、カンジダ菌が増殖しだしてから症状が出るまでの期間ということになります。カンジダ菌は通常時は問題にはならないのですが、異常に増殖することによって様々な症状を引き起こしてしまうのです。体内に存在していること自体に問題はないのです。

なぜカンジダ菌が増殖してしまうのか

カンジダ膣炎を発症するのは、カンジダ菌が増殖してしまうからなのですが、カンジダ菌が増殖するためには条件が必要となります。健康な状態であれば、膣内は弱酸性に保たれて自浄作用が働き、悪玉菌であるカンジダ菌が増殖しようとしても、善玉菌である乳酸菌の効果によって増殖することができません。

どんな時にカンジダ菌が増殖してしまうのかというと、その多くは免疫力が下がってしまったときということになります。免疫力が下がると自浄効果も弱くなってしまい、カンジダ菌を始め、様々な菌が増殖しやすくなってしまうのです。

他にも、何かの感染症で抗生物質を投与された場合も、リスクが高くなってしまいます。抗生物質は、対象となる菌を殺菌するだけでなく、必要な菌も殺してしまうことがあるので、カンジダ菌が繁殖しやすくなってしまうことがあるのです。実際に、細菌性膣炎の治療で抗生物質を飲んだことで、細菌性膣炎は治ったけれど、今度はカンジダ膣炎になってしまったという事例もあるのです。

また、ホルモンバランスの乱れ等でもカンジダ菌が増殖してしまうこともあります。

早期治療がカンジダ膣炎には効果的

カンジダ膣炎でもそうなのですが、どんな病気であっても早期に治療を始めるほうが治りも早くなります。早ければ、特に薬に頼らなくても、自然治癒で治ることもあるのです。とはいえ、放っておくのではなく、免疫力を高めたり、デリケートゾーンを清潔にするといったことは必要です。膣内の自浄作用が弱っているのが原因ですから、自浄作用を高めるための努力は必要なのです。自浄作用が正常になっていれば、数日でカンジダ菌は減っていくのです。

とはいえ、デリケートゾーンのかゆみやおりものの変化といった症状が出ている状態で自然治癒に任せるというのも不安ですし、できれば早く症状は改善させたいですよね。

そういった場合、ギノフィットの細菌性膣炎対策ジェルといった市販薬も効果的です。これはカンジダ膣炎だけでなく、細菌性膣炎にも効果があるので、病院に行かなくても自宅で手軽に治すことができます。特にデリケートゾーンのトラブルの場合、病院に行って診てもらうのは結構恥ずかしいものです。ですから、自宅で治せるというのは大きなメリットになりそうです。

但し、症状が酷い場合はきちんと病院で診てもらい、処方箋を書いてもらえれば、適切な薬を処方してもらえますから、治りも早くなります。

女性であれば誰でもカンジダ膣炎のリスクはある

カンジダ菌は常在菌ですから、誰でもカンジダ菌による炎症を発症するリスクはあります。男性でもカンジダ菌による病気はあります。さすがに膣炎ではなく、亀頭包皮炎といった男性特有の病気ということになります。

ですから、性感染症ではありませんが性交渉によってカンジダ菌が移ることはあります。ですが、免疫力がしっかりしていると、病気を発症することはありません。もともと持っている菌ということでもありますけれど。

そのため、大切になるのが、免疫力を高めることです。病気の治療による抗生物質が原因になる場合は別ですが、免疫力を高めていれば、発症したとしてもすぐに自然治癒も可能になるのです。

もっとも大切なのが、デリケートゾーンを清潔にすることと、洗いすぎないということです。清潔にしたいあまりに、膣洗浄等を行い過ぎると、悪玉菌と一緒に善玉菌までも洗い流してしまい、皮肉なことに逆効果となってしまいます。

まとめ

カンジダ菌は誰でも保有している常在菌のため、あまり潜伏期間といった概念はありません。ですから、感染を疑うよりも、免疫力を高め、デリケートゾーンを清潔にするといった予防が大切になるのです。

実際に全く感染しないわけではありません。確率はかなり低いですが感染することはあるのですが、性感染症のように人に移るといったほどのものではないのです。

きちんと健康管理をして、デリケートゾーンを清潔にしていれば、それほど気にする必要はないかもしれません。

実際に発症しても、市販薬の効果も高く、ギノフィット等の薬を使用すれば、誰に知られることもなく、自宅で手軽に治すこともできるのです。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット