メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > 性行為でカンジダ膣炎は移る

性行為でカンジダ膣炎は移る

性行為でカンジダ膣炎は移る?

女性のうち5人に1人は発症しているとされるカンジダ膣炎ですが、あまり病気について詳しくしらないと、もしかしてこれって性病かも?と不安に感じる人もいることでしょう。カンジダ膣炎はかゆみや痛みを発症するため、パートナーから性病を移されたと思う人もいるかもしれませんね。そこでカンジダ膣炎は性行為から本当に移るものなのか、カンジダ膣炎について紹介していきます。

カンジダ膣炎って性病なの?

カンジダ膣炎を発症すると膣周辺に痛みやかゆみを感じるようになり、おりものに異常が見られます。
症状がひどくなると、下着があたるだけでも痛みを感じてしまったり、かゆさのあまり外陰部をかきむしってしまうこともあります。排尿や性交でも痛みを伴います。

カンジダ膣炎というと性感染による病気だと思う人も多いようですが、カンジダ膣炎は人間の常在菌であるカンジダ菌によって引き起こされる病気です。

カンジダ菌は膣内だけでなく皮膚や口の中、腸内などの消化管などに存在するカビの一種の真菌です。

カンジダ膣炎は膣内のカンジダ菌が増殖することで発症する症状ですが、必ずしも性行為によって移るものではありません。

カンジダ菌が増殖する原因はストレスや疲労などによる免疫力低下、妊娠中や生理前後のホルモンバランスの乱れ、汗や下着の締め付けなどによる蒸れ、抗生物質の投与によるものなどが考えられます。

とはいえ、100パーセント性行為から移ることはないとはいい切れませんので、どちらかがカンジダ膣炎に感染しているときは性行為を避けておいたほうが良いでしょう。

カンジダに感染しているときに性行為を行うリスク

カンジダ膣炎に感染していることをパートナーに伝えられず、普段どおり性交を行うカップルもいます。

しかし、完治していない状況での性行為は症状を悪化させてしまう可能性が高いため、相手に本当のことを伝えておいたほうが良いといえるでしょう。

カンジダ膣炎の治療を行っている間は、膣内を洗浄したり膣錠や膣坐剤を膣内に入れることになります。また、外陰部に軟膏やクリームを塗ることもあります。性交を行うと、こうした薬が流れ落ちてしまうため、病状が悪化することも考えられます。

カンジダ膣炎を起こしていると、膣周辺が赤く腫れあがったり炎症を起こしていますので、摩擦が加わることでさらに悪化します。皮膚が弱くなっているので、パートナーから別の菌をもらい、二次感染を引き起こすことも考えられるでしょう。

性交中に痛みを感じたり、性交後に出血することもあります。また、性行為によりパートナーに移してしまう可能性があることは大きなリスクといえます。

カンジダ膣炎の治療は1週間程度とされていますので、パートナーに打ち明けづらいならその期間は理由をつけて性行為をしないようにするなどして、治療を優先するようにしましょう。

男性がカンジダに感染している場合

男性がカンジダに感染していても、自覚症状のない場合がほとんどです。しかし性器に症状が表れると、気付く傾向が多いようです。

男性が性器カンジダ症を発症すると、亀頭部に白いカスが出てきたり、発疹が出てくることがあります。他にもかゆみを感じたり、びらんが生じ気付く人もいるようです。

一般的には性器カンジダ症は女性に起こりやすいとされていますが、男性の場合でも包茎だと雑菌がたまりやすくなるため、カンジダ症にかかることが多くなります。

男性は自覚症状が乏しいので、カンジダ症にかかっていたとしても気づいていないことも少なくありません。そのままパートナーと性行為を続けていると、いくら女性側が治療をしても、再発を繰り返すことになります。

どちらかがカンジダ症を発症している場合は、必ずカップルで病院に行き、診断を受けるようにしましょう。

パートナーにはどうやって伝える?

カンジダ膣炎に感染している場合は、パートナーに伝えないと移してしまう可能性があります。それでも性病と勘違いされるのがイヤで、相手に伝えづらいという人も多いことでしょう。

しかし、そのまま性行為を続けていると相手に移してしまう可能性があります。また、逆に相手が感染元の場合だと、いくら治療をしても完治することは難しいでしょう。

カンジダ膣炎は基本的に性感染症ではありません。免疫力低下やホルモンバランスの乱れにより引き起こされるものなので、まずはこれを相手に伝えるようにしましょう。

その上で相手に感染させてしまう可能性があること、男性側に発疹やかゆみ、亀頭がカサカサになっていないかを確認し、症状がなければ移っている可能性は低いことを伝えましょう。

また、女性が何度治療をしても再発してしまう場合は、男性側に原因が考えられます。その場合は一度検査を受けてもらえるよう、話をしてみましょう。

性行為によるカンジダ膣炎の感染はおよそ5パーセント程度といわれているため、性行為によりカンジダ菌が移ることは少ないとされています。

しかし必ず移ることがないとは限りませんので、どちらかが感染している可能性が高い場合、必ず病院で検査を受けましょう。

カンジダ膣炎は再発の可能性が高い病気なので、病院に行くのが憂鬱に感じる人も多いかと思われます。

再発した場合は、市販されているギノフィットのようなデリケートゾーン専門用品などでケアができますので、必ず治療を続けるようにしましょう。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット