メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > デリケートゾーンは専用オイルでケアしよう!

デリケートゾーンは専用オイルでケアしよう!

デリケートゾーンは専用オイルでケアしよう!

デリケートゾーンをキレイに保つために、毎日お風呂でしっかり洗っているという人は多いと思われますが、それ以外のケアは何もしていないという人も多いのではないでしょうか。デリケートゾーンはデリケートな部分だけあって、体のどの部位よりもこまめなケアが必要です。できれば専用オイルやクリームを使用して、デリケートゾーンをケアするのが理想的です。そこでデリケートゾーンのケアの必要性と、その方法について紹介していきます。

年齢とともにデリケートゾーンは乾燥しやすくなる

年齢を重ねるとともに女性ホルモンの分泌が減少し、女性の体は大きく変化していきます。しわやたるみが気になるようになり、肌も乾燥しやすくなります。生理もだんだんと不規則になり、イライラしやすくなることもあるでしょう。

デリケートゾーンにも変化は現れます。体の皮膚と同じように乾燥しやすくなり、おりものや膣内の粘液が減少します。そのため少しの刺激にも弱くなり、自浄作用が低下して感染しやすい状態となります。かゆみやかぶれなどの外陰炎になってしまうことも増えてきます。

膣内の粘液が減少すると乾燥するだけでなく、膣内が硬くなり膣壁が薄くなってくることも考えられます。膣が硬化すると膣内が委縮してしまい、指が入らないほどしぼんでしまうこともあるようです。

デリケートゾーンの乾燥が進むと起きる症状

デリケートゾーンに何もケアをせずにいると、さらに乾燥が進みます。そうするとかゆみが生じ、かぶれやただれなどの炎症を起こしてしまうことも考えられます。
乾燥しているときは刺激にも弱く、メラニン色素が発生しやすくなります。同じ部分に何度も刺激を与えているとメラニン色素が定着し、黒ずみの原因となってしまいます。

かゆみが肌に刺激を与え、それが黒ずみの原因となってしまうので、乾燥対策をしない限りずっと繰り返すことになります。

デリケートゾーンが乾燥すると、外陰部はたるんでシワシワになってしまい、体にハリがあってもデリケートゾーンは黒ずんで広がってたるんでいるという、アンバランスなスタイルになってしまいます。

デリケートゾーンが潤っていると皮膚のバリア機能が働き、黒ずみの原因となるメラニンの発生を抑えてくれますので、普段からデリケートゾーンの保湿を怠らないようにしましょう。

デリケートゾーン用のオイルを使って正しい保湿を

デリケートゾーンの乾燥を防ぐためには、クリームやオイルなどを利用してケアすることが必要です。
ケアするときは顔や手足用などのオイルやクリームではなく、デリケートゾーン専用のオイルを利用することが大切です。

オイルを利用したケア方法はいろいろありますが、一般的なオイルケア方法としては入浴後にオイルをデリケートゾーンに優しくマッサージするように塗り込みます。

デリケートゾーンの水分はそれほど乾かす必要はありません。少し濡れている程度のほうが肌が水分を含んでいますので、より保湿効果が期待できます。
また、コットンなどにオイルを含ませ、デリケートゾーンに1時間ほどあてておくことでパック効果も期待できます。

この他にも入浴前にデリケートゾーンと太ももに専用オイルを塗り、ゆっくり湯船につかるケア方法もあります。
販売されているオイルによってケア方法は異なりますので、使用方法をしっかり確認してケアするようにしましょう。

デリケートゾーン用オイルの効果

デリケートゾーンをケアすることによって、乾燥を予防することが可能です。外陰部のたるみや黒ずみ予防に効果が期待できるだけでなく、膣内を若返らせることにも効果が期待できます。

年齢とともにが膣壁が薄くなり、粘膜も乾燥しやすくなります。そうすると膣内も硬化し委縮してしまいます。
膣内に専用オイルを塗りながらマッサージすることで、血行が良くなり粘膜が修復され、膣内に弾力とハリが生まれます。

膣内が委縮してしまうと、パートナーとの性交に痛みを感じたり、出産時に支障をきたすことも考えられます。膣内を委縮させないためにも、普段からデリケートゾーンのオイルマッサージは大切です。
デリケートゾーンの炎症や黒ずみなどの改善や予防のためにも、オイルを利用したケアをとりいれましょう。

ニオイ対策にも効果のあるデリケートゾーンのケア

デリケートゾーン専用のオイルを利用するなら、できるだけ化学成分の配合が少ないものをおススメします。オーガニックや植物性オイルなどの自然成分が含まれたオイルだと、デリケートゾーンへの負担も少なく安心して利用することができます。

マカデミアナッツやアーモンド、ブドウやアプリコット、マンゴーなどのオイルは膣内の粘膜と親和性が高いとされていますので、実のなる種子からとれるオイルが含まれているオイルを選ぶようにすると良いでしょう。

まとめ

デリケートゾーンのオイルケアについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。デリケートゾーンのケアを習慣づけることで、デリケートゾーンのさまざまなトラブルを予防することが可能になります。

デリケートゾーンのケアは乾燥予防に効果がありますが、それ以外にも蒸れやニオイ対策にも効果が期待できます。デリケートゾーンのムダ毛の処理も大切ですが、潤いを逃がさないようオイルケアも必要です。ケアを怠るとデリケートゾーンがすぐに乾燥したり硬化してしまいますので、定期的にケアするようにしましょう。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

最新のコラム

 

最新のコラム一覧へ

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット