メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > 今や女子の常識!?デリケートゾーンの悩みは専用ジェルで解決しよう!

今や女子の常識!?デリケートゾーンの悩みは専用ジェルで解決しよう!

今や女子の常識!?デリケートゾーンの悩みは専用ジェルで解決しよう!

デリケートゾーンのニオイやかゆみなどといったトラブルに、頭を悩ませている女子はとても多いものです。特に生理中や妊娠中のデリケートゾーンのニオイやおりものなどの汚れはいつもよりひどくなるので、普段よりケアに気を付けているという人も少なくありません。それでもニオイやかゆみなどが解消されない人も多く、どのようにケアすれば良いか悩んでいる人もいるようです。女子のデリケートゾーンの悩みと、その解決方法についてまとめてみました。

女子が抱えるデリケートゾーンのさまざまな悩み

ほとんどの女子はデリケートゾーンについて、何らかの悩みを抱えています。デリケートゾーンの悩みには一体どのようなものがあるのでしょう。代表的な女子のデリケートゾーンの悩みについて、いくつか紹介していきます。

ニオイが気になる

デリケートゾーンの中の悩みの中でもトップクラスにあがるのが、ニオイの悩みではないでしょうか。生理中はもちろん、夏場の暑いときや蒸れたときなど、ニオイが気になるという人も多いようです。

デリケートゾーンには脇の下にあるアポクリン腺という汗腺があり、ここから汗が分泌されます。
分泌された汗にはアンモニアや脂肪なども含まれているため、雑菌の栄養の素になってしまい、雑菌が増殖してニオイが発生します。
そこに生理中の経血やおりものなどが加わると、さらにニオイはひどくなってしまいます。

かゆみがある

ニオイと同じようにデリケートゾーンの悩みとして多くあげられるのが、デリケートゾーンのかゆみです。
あまりかゆみがあるようだと、お風呂に入っていなかったり下着を替えていないのでは?と思われそうで、周りにも相談しづらいという人も少なくありません。

肌の角層は外部の刺激による水分蒸発を防ぐ働きをしますが、デリケートゾーンの角層はまぶたよりも薄いとされており、外部からの刺激に弱いといわれています。

きつい下着や洋服を着ているところに、汗やおりもの、経血などで刺激を与えると炎症を起こしてしまい、かゆみの原因になってしまいます。

蒸れが気になる

デリケートゾーンの中が常に蒸れているように感じて、不快感を抱いている人もいるようです。特に生理中は、いつもよりデリケートゾーンの蒸れが気になるという人も多いのではないでしょうか。

生理のときは経血や汗により、デリケートゾーンは普段より湿気の多い状態になります。それに加え生理用ナプキンをつけているので、通気性も悪くよけいに蒸れやすい環境になってしまいます。

また、最近は細身のスキニーなどを好んで履く人も多いですが、それがさらにデリケートゾーンの環境を悪化させてしまいます。
生理中に通気性の悪いタイツやストッキングなどと併用して履いていると、デリケートゾーンの湿度は上がり、普段よりも蒸れやすい状態になります。

ヒリヒリしたりしみることがある

デリケートゾーンにヒリヒリとした灼熱感を覚えたり、赤みが気になるという人もいるようです。また、洗うとしみてしまうといった悩みを持つ人も。

デリケートゾーンにかゆみを覚えた場合、そのまま何の対処もしないままかき続けると、さらに症状が悪化し、熱を持って赤くなってしまうこともあります。

洗うとしみるのは炎症を起こしているのが原因と考えられますが、使用しているボディソープが原因とも考えられます。
一般的なボディソープは洗浄力が強いので、デリケートゾーンに必要な酸性の環境を壊してしまい、肌の抵抗力を弱めてしまうこともあります。

デリケートゾーンを洗いすぎてしまうとニオイの原因に!

ボディソープや石鹸は、体の汚れを落としやすいように膣内より高いpH値で作られているので、ボディソープなどでデリケートゾーンを洗うと必要な常在菌まで洗い流し、雑菌を増やしたり乾燥してしまう原因となってしまいます。

弱酸性のボディソープもありますが、それでも膣内のpH値よりはかなり高い数値なので、デリケートゾーンにとっては刺激が強いといえるでしょう。

ボディソープは洗浄力が強すぎるため、膣内の善玉菌まで洗い流してしまい、かゆみやニオイの原因になってしまうことがあります。毎日キレイに洗っているのにデリケートゾーンのニオイが気になったり、かゆみや赤みが治らないという場合は、洗いすぎていることが考えられます。

また、ウォッシュレットを利用して膣内を洗浄しすぎるのも、原因の一つといえるようです。ウォッシュレットも雑菌が増える原因となってしまい、ニオイが発生することもあります。

デリケートゾーンは専用ジェルで洗おう

デリケートゾーンを清潔にすることは大切ですが、洗浄する場合は専用ジェルなどを利用するようにしましょう。

デリケートゾーン専用ジェルは、デリケートゾーンの環境と同じくらいの弱酸性で作られているので、デリケートゾーンの自浄作用を弱めることなくデリケートゾーンをキレイにすることができます。

粘液を減らすことなく不要な汚れだけ落とすので、おりものも気にならなくなるというメリットもあります。

デリケートゾーン専用ジェルは膣内と近いpH値なので、常在菌を洗い流すことなくキレイにすることができます。そのため、ヒリヒリするような痛みや乾燥によるかゆみなども防ぐことができます。

まとめ

女子の抱えるデリケートゾーンの悩みについて、いろいろまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。デリケートゾーン用専用ジェルを使えば、デリケートゾーンの多くの悩みは解決できますので、ぜひとも使ってみてくださいね。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

最新のコラム

 

最新のコラム一覧へ

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット