メニュー

HOME > お悩み別コラム > カンジダ膣炎 > デリケートゾーンに痛みを感じたら?

デリケートゾーンに痛みを感じたら?

デリケートゾーンに痛みを感じたら?

身体に痛みなどの異常を感じたとき、それがデリケートゾーンだとなかなか人には相談しにくいですよね。婦人科で診てもらうのも少し恥ずかしくて、躊躇してしまうこともあるかもしれません。しかし、症状と原因さえ分かれば市販薬での治療も可能になります。ですが、はやめに治療したほうが良い場合もあるので、きちんと婦人科で診てもらうことも考えましょう。

デリケートゾーンの痛みを感じる病気

デリケートゾーンの症状にはかゆみや痛み、おりものなどがあります。

原因としては単に蒸れただけの場合もありますし、生理が原因の場合もあります。また、衛生状態が悪いと雑菌等も繁殖してしまい、いろいろな症状を引き起こしてしまいます。

デリケートゾーンに痛みのでる病気にはいくつか種類があります。もっとも多いのが外陰炎です。これは、外陰部周辺に炎症が広がって痛みやかゆみ、また、腫れといった症状が出るものです。

原因は細菌やウィルス、また、真菌の感染が考えられます。特に疲れたりストレスがたまっていたりすると、免疫力が低下してしまいます。その免疫力が低下したときに、感染しやすくなってしまいます。もちろん、病気にかかってしまい、免疫力が下がっているときも同様です。

この免疫力が低下した状態だと、外陰炎だけでなく膣炎も同時に発症することも多いようです。また、デリケートゾーンの状態にもよるのですが、不衛生な状態であれば、どうしても雑菌が繁殖しやすくなってしまい、こういった病気になってしまう可能性も高くなってしまうのです。

外陰潰瘍は外陰部に潰瘍ができてしまう病気で、痛みはかなり激しいようです。歩けないほどの痛みがあることもあるようです。これはベーチェット病や性器ヘルペスといった病気の可能性が高いので、早めに婦人科で診てもらったほうがいいでしょう。

他にもバルトリン腺炎というのがあります。これは膣口の両側にあるバルトリン腺が炎症を起こす病気で、ブドウ球菌や大腸菌といった細菌が感染することで発症します。この場合も婦人科できちんと診てもらうほうがいいでしょう。

デリケートゾーンのトラブルを自宅で処置

デリケートゾーンのトラブルは、基本的には婦人科できちんと診てもらうのが良いのですが、軽いものであれば市販薬を使用して自宅で治療することもできます。

外陰炎の場合は雑菌が原因ですから、デリケートゾーンを清潔にするということが大切です。細菌性膣炎やカンジダ膣炎なども同様なのですが、免疫力が下がっているときに発症しやすくなります。

ですから、まずはデリケートゾーンを清潔にすることから始めましょう。軽いものであれば自然治癒するので、そのサポートに市販の塗り薬等を使用するとよいかもしれません。ですが、あまり効いている感じがしない場合、早めに婦人科を受診したほうがよさそうです。

現在はデリケートゾーン用の薬も販売されているのですが、トラブルの原因が特定できなければ、自宅での処置は難しくなってしまいます。大切なのは適切な処置をすることです。

予防をしっかりと

デリケートゾーンのかゆみや痛みなど、いろいろなトラブルは起きてから処置をするよりは、予防に気を配ることが大切です。多くの場合、デリケートゾーンが清潔でないことから、さまざまな病気の症状が出てくるのです。

まずは、デリケートゾーンをキレイにしておくことが大切になります。ただし、優しく丁寧に洗うということが大切になります。とはいえ、洗いすぎるとトラブルの原因となってしまうので注意が必要です。また、汗などで蒸れやすい部分でもあるので、通気性のよい下着やあまり締め付けのきつくない下着を履くということも大切になります。

また、免疫力の低下というのも要因となってしまうので、免疫力を高めるためには、日々の生活を見直す必要がありそうです。特に食事と睡眠には気を付けておきましょう。栄養バランスの良い食事は、デリケートゾーンだけでなく、体全体の病気の予防にも大切です。また、睡眠もしっかりととって疲れを残さないようにしたいですね。

細菌性膣炎やカンジダ膣炎の予防を考えれば食事や睡眠も大切なのですが、膣内の環境ということも大切になります。清潔にしたいあまり、ついつい洗いすぎてしまうということもあるのではないでしょうか。

膣内は腸内と同じで善玉菌と悪玉菌が存在しています。この善玉菌による効果で自浄作用があるのですが、洗いすぎてしまうとこの善玉菌を洗い流してしまうのです、そのため、自浄作用が弱くなってしまい、トラブルの原因となってしまうのです。

トラブルの原因菌は特別な菌である場合もあるのですが、その多くはどこにてもいる常在菌です。ですからきれいにし過ぎること自体にあまり効果はなく、逆効果となってしまうのです。原因菌をすべてとり除くことは難しいと考えられます。

まとめ

デリケートゾーンの痛みなどのトラブルは、基本的に婦人科で早めに診てもらうことが大切です。自己判断だと確実な原因を特定できないのです。ですから、トラブルになってから考えるのではなく、日々の予防が大切になります。

デリケートゾーンを清潔にしておくことが、トラブルの予防には一番効果があります。こうした対策には、ギノフィットのふき取りシートやケアオイルをおススメします。
もちろん日々の食生活も大切です、しっかりと栄養をとって睡眠で疲れをいやすことも大切ですね。

お問い合わせ お問い合わせ

カートの中身を見る

マイページにログイン

最新のコラム

 

最新のコラム一覧へ

SSL

ご注文ページから送信されるお客様の データは、SSL暗号化通信により保護 されています。どうぞ安心してお買い 物をお楽しみください。

ギノフィット店長

こんにちは。 ギノフィット店長のプライジック良子です。

Amazon

AHCスイスの商品は日本の
Amazonからもご購入いただけます。

AHCスイス ギノフィット